2018年05月16日

口内炎の原因がドライマウスの場合の対策

口内炎は、口の中が乾いてしまうことで、
粘膜を保護する唾液が減ってしまい、
菌が繁殖しやすくなって、結果的に口内炎になることがあります。

口内炎になりやすい原因の一つに、
「ドライマウス」というものがあります。

ドライマウスになると、口の中が乾いてしまって、
舌や喉が乾きやすくなります。

口の中が乾きやすくなると、食べ物を食べる時に一番触れやすい舌に、
菌が繁殖しやすい状態になります。

すると、ドライマウスが原因で、口内炎になりやすくなるのです。

この場合、まずは、水分補給をよくするようにしましょう。
特に、殺菌作用があると言われている「緑茶」を飲むことは、
おすすめです。

緑茶を飲むことで、水分補給にもなりますので、
口の中の乾きなどが軽減される可能性があります。

ドライマウスが原因で、口内炎ができてしまった場合は、
まずは、水分補給をすることが大切です。

しかし、炭酸やコーヒーなどの刺激物は避けるようにしてください。
炭酸やコーヒーを飲んでしまうと、余計に口内炎がひどくなることがあるからです。

緑茶を飲むと、ストレスが減り、ホッとする効果もありますので、
ストレスが原因の口内炎にも、緑茶を飲むことは、おすすめです。

このように、ドライマウスが原因で口内炎ができてしまった場合、
水分補給として、緑茶を飲むことをおすすめします。

http://www.annajeh.com/



Posted by vm67f7ba at 12:49│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
口内炎の原因がドライマウスの場合の対策
    コメント(0)